fc2ブログ

ある日のアサガオ

それは、やや雲の多い晴れた日のこと。いちりんのアサガオが太陽を見上げていました。その瞳は、何を思い、何を訴えているのでしょう?花の気持ち、たまにはわかると面白いのかもね。... 続きを読む
   0  -

山道の端に咲くユリいちりん

山陽小野田市の厚狭にある、山口ワイナリーに向かって車を走らせたが駐車場が狭くなり、なんとも寂しい表向きになっていたのでそのまま進み秋山ダムまで行ってみた。道すがら、日陰の狭間にユリを発見。数枚撮った中の一枚。ダムは渇水。なんとも水位が危ない辺りまで行きそうな感じだ。土が見えている所は、いつもは水没している所。ある程度まとまった雨が降らないと、そろそろ色々困ったことが起こりそう。ちなみに、ダムの写真... 続きを読む
 風景  0  -

焼野モニュメントと星

竜王山の海側の麓には、焼野海岸があります。先日の記事では、パフォーマーが出没して、穏やかな自慢が流れる話でしたが今回はモニュメントの一つと夕日をアップします。さらに欲張って、左にも干しを入れてみると主張がぼやけちゃいました。じつは先日、デジカメでは初めて流星を撮りに秋吉台に行きました。流星を見る家族連れや友達同士のグループが車で頻繁に出入りするため、駐車場も山間も照らされてばかりでいい写真は撮れま... 続きを読む
 風景  0  -

竜王山のニャンと望遠鏡と焼野の・・・

今回は竜王山と焼野ネタです。まずは竜王山にいたニャンコたち。みんな暑さで動く気がないようで、日陰に寝そべってのんびり寝ています。近づいても逃げる様子がないのは、日頃からここでエサをもらっているから。他にも、水場当たりにも何匹かいましたよ。思わずもふもふしたくなりましたが、ぐっと我慢。次に、先日から記事にしていた竜王山の望遠鏡がここにある理由が!この望遠鏡が設置されたのは、望遠鏡の台(脚)の形状から... 続きを読む
 動物  1  -

山口県 吉部の大岩郷

先日足を運んだ吉部の大岩郷の写真です。大岩郷は、山口県の宇部市吉部と美祢市の万倉(実際の万倉は宇部市)にしか類例が見られず、成因の不明さや地学的見地から天然記念物に指定されています。吉部の大岩郷は、小さなものから直径約4m級の大岩まで様々な大きさがありますが、万倉の大岩郷よりも一つ一つが大きく、見た感じも壮大ですが、南北(上下)に長くて奥まで見通せないので、上ってみないとその奥の様子が見えません。... 続きを読む
 風景  0  -

宇部市の霜降山に見た夏のイガグリ

先日、車で宇部市にある霜降り山に行ってきました。上っていくとなぜかイガグリが大量に落ちていました。サルでも暴れたのでしょうか^^;暑い日差しが照りつける、暑い暑い夏のある日の風景でした。夕日もじりじりと照りつける暑さ。雨降らないかなぁ。... 続きを読む
 風景  0  -

夕暮れの浜辺で花火を楽しむ親子

最近は、仕事が終わって2日に一回のペースで山陽小野田市の焼野海岸に通っています。ほほえましい写真が撮れたのでアップ。一男一女と夫婦の四人家族でで花火。幸せそうですね!背景は夕焼けで赤紫に染まる海です。お母さん、スマホできれいに撮れるといいですね!... 続きを読む
 風景  1  -

焼野の夕日とカメラマン

少し前に、山陽小野田市の焼野海岸に行ってきました。最近は雨が降らず(先月17日から一滴も降っていませんね…)夕方はもやがかかって、なかなかいい風景に出会えません。なんとなくスナップとして、焼野のモニュメントと夕日と電灯と。欲張りすぎて何が撮りたいのやら^^;やっぱり夕日を狙うカメラマンがいますね。そしてこれが一番のお気に入り。メインの「夕日とカメラマン」です。・・・・・・・・・・ごめんなさい、写真... 続きを読む
 風景  0  -

竜王山のボタンクサギ

山陽小野田市にある竜王山の山頂から少し下った辺りは、ボタンクサギの群生地になっており、今現在、花が次々と開いています。近くに住んでおられる方は、見に行ってみると、その広さに驚くことでしょう。山の斜面からずっと下のほうまで、とびとびに花が咲いているのが確認できます。花の集合体である、一束の全体はこんな感じ。蝶や鉢が蜜や花粉を求めてやってきます。自然が豊富な山口県。この季節はいろいろといい景色が見られ... 続きを読む
   0  -

竜王山の遺物?の正体が判明しました。

ご無沙汰しております。夏も本番となり暑い日々が続いていますね。私は、土日もほぼ休みなく働き、写真撮影がままなりません。やっと休みが取れたので、山陽小野田市の竜王山に行ってきました。以前記事にしたときは、反対側から撮影したので文字がわかりませんでしたが回り込んでみるとこんな文字が書いてありました。同じようなものを探したところ、Nikon製の観光望遠鏡の台だと分かりました。およそ昭和30~40年頃に出回ったニ... 続きを読む
 風景  0  -