蓮の花は、撮影するときの絞り補正や背景で、ぐっとイメージが変わりますね。

近景で葉陰にある蓮の花を、絞りを開いて明るめに撮ってみました。
葉陰の蓮華
フリーソフトでの画像縮小の影響で、少しボケが出ていますが、気にしない^^;
何とも華やかで爽やかなイメージがしませんか?

次に、遠景でやや曇り空での蓮の花を、森の影を背景にして絞り込み、暗めに撮ってみました。
宵の蓮
わずかに見える背景右の一部を範囲指定し、軽くガンマ補正して隠しました。花に意識が集中します。
何となく、威厳のある雰囲気が出ていませんか? 仏像がそばにありそうな感じが・・・。

花ひとつとっても、いろんなアングルや絞り、画角など、ちょっとした変化を持たせると
ものすごく仕上がる画像のイメージが変わりますよね。

最近、いろいろなサイトに蓮の花がアップされています。たくさん拝見させていただき、
撮影者の方々の感性やテクニックに発見と感銘を覚える毎日です!

次回は・・・ちょっとだけ若い頃に戻った気分で撮った写真です。
楽しみにしてくださる方が、おひとりでもいらっしゃるといいな!
写真撮影って面白い^^b
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ
   0  -

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)