流れの記事の最初に書くべき小鯖八幡宮(鰐鳴八幡宮)の紹介記事です。
鰐鳴神社と彼岸花_0724b

場所は山口県庁と防府市をつなぐに国道262号線の支線にあたる県道21号線(防府市大道につながる道)の途中です。
中国自動車道からのアクセスは、山口ICで降りて国道262号線を南(防府方面)に約1km下り、鯖地の交差点を右に折れて県道21号線に入ります。4km程度進むと右手に洞海寺入り口、さらに200m先の右側にのぼりや鳥居、看板が出るのでわかります。
小鯖八幡宮入り口
入り口を右折すると、150m先に小さな駐車場、一番奥の階段前を右折すると大きな駐車場があります。

道路から数百m続く参道の脇には桜の木が植えられ、春には桜のアーチができます。
そして9月の半ば(秋口)に彼岸花が参道の両サイドを埋め尽くす風景は、写真・観光スポットとして有名です。
鰐鳴神社_0748

手水舎にはおなじみの龍が鎮座し、水を注いでくれます。
鰐鳴神社_0768a

鰐鳴神社_0774a

年代を感じさせるたたずまい。
鰐鳴神社_0051a

鰐鳴神社_0781a

鰐鳴神社_0783b

そして最後に、これは圧巻というレベルに育ったご神木でしょうか?そばまで行くと迫力があります。
鰐鳴神社_0788a

鰐鳴神社_0791a

鰐鳴神社_0056a

鰐鳴神社_0055a

以上で小鯖八幡宮(鰐鳴八幡宮)の紹介を終わり、次回から別記事に移る予定・・・・です^^;





スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ
 風景  0  -

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)