未だに夜明けの空気は肌を突き刺すような冷たさだ。
そんな空気の中、今日も船を出し、成果を楽しみに仕掛けを引き上げる。
おこぼれに与ろうと、夜明けの漁船に群がる海鳥たち。
漁船に群がる

いつもと変わらぬ風景、いつもと変わらぬ日々の営み。
魚の大小、数、その少しの変化が喜びや悲しみを演出する。

幾度となくくり返されてきた風景も、同じようで少し違う。
そんなワンシーンを写真に納めてみる。
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ
 風景  0  -

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)