4日くらい前に液晶保護ガラスフィルム「和の硝子」をレポートした。
今回は、安くて評判のいい、定番「 C-Glass 」のレポートをしてみる。

Amazonで前面と背面を同じ注文すると、2日ほどですぐに届いた。
CGlass01.jpg

和の硝子と違い、背面カメラの下にあるフラッシュ(フォトライト)部に穴がない・・…。
CGlass02.jpg

0.3mmは、和の硝子より0.04mm厚いので、横から見ると少しだけ厚さが目立つ。
CGlass05.jpg
CGlass03.jpg
CGlass04.jpg

スマホに貼って約14日が経過。ここで記事にしてみる。
<使用感>
【好印象】
・スマホ表面のクリーニング用に、ウェット&ドライシートとウェスと和の硝子についてきた物より長方形で薄めの「ホコリとりシール」が入っていて、他には特別準備する物はなく、すぐに貼れる。
・ホコリ取りシールは薄いため、スマホの画面をペチャペチャするのが和の硝子についてきた物より少しやりにくい。
・タッチはすべすべした手触りで、指の流れはとてもスムーズ。
・ガラス自体は「和の硝子」より厚いが、厚さのわりに、ガラス特有の色による透過率の低下や色の変化はあまり感じられない
・ガラスのフチはラウンドエッジ加工(面取り)がしてあるので、厚さのわりにフチに指が引っかかることはない。
・貼り付けは、とても簡単で、位置ずれの修正のために貼り直しをしてもとても綺麗に貼れる
・「和の硝子」と同じ条件下に置いていたが、硝子の浮きもなく、ずっとピッタリ張り付いている
【ここが残念】
・先にも書いたが、背面カメラの下にあるフラッシュ(フォトライト)部に穴がない!
・「和の硝子」と同様に、指紋や皮脂がすこし目立つ。しかし、拭き取りはスムーズで、皮脂などが伸び広がったりして困ることはない。
・硝子の厚みがあるため、硬めのケースや手帳ケースにセットすると、高さがあるために本体がほんの少し浮いた感じになる。柔らかいケースでは、厚みは全く関係なく、いい感じで使える。

<総評>
表面、背面の両面に貼ったが、普段使いでは厚さが気になることはなく、手触りもいい。表面、背面ともに、貼りやすく剥がしやすい。表も背も本体の硝子にピッタリサイズではなく、フチから少しだけ(上下左右0.5~0.6mm程度)短いので、偏りなく貼れば、様々なバンパーやカバーと干渉することがない。フラッシュ(フォトライト)部に穴がないのが気になるが、普段使いでフラッシュをたくことがないので、おおむね満足。「和の硝子」と同様に、落としたときに、どれくらい守ってくれるのかはわからないが、総評としていい感じ。5段階で☆4つと半分。他の人に、じゅうぶんお勧めできるレベルだ。

**********************************
*** 和の硝子は薄いためか、背面の浮きが出てきたことで、評価4/5 ***
*** C-Glassは厚いが浮きがなく、画面色もほとんど変わらない。しかし ***
*** フラッシュ部に穴がないため、少し残念なだけに、評価 4.5/5 ***
**********************************


スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)